絶景の稜線を歩く(針ノ木岳〜スバリ岳〜種池)縦走

【2日目】7月29日(日)

3時起床でいよいよ縦走スタート!


(朝方少し風が吹いたがそれほどでもなかった)


(この後残念ながらガスが出てご来光は見えなかった)


(朝のスバリ岳)


(針ノ木岳からの下りガレ場)

針ノ木岳から種池までの縦走は、思っていたよりも嶮しくて、
ピークごとにガレ場や急斜面も多かったのできつかったです。


(赤沢岳を目指す)

(山ちゃんとmonacoはどこにいるでしょう?)


(スバリ岳と針ノ木岳)


(立山連峰と山頂の見えない剱岳を岩小屋沢岳山頂より)

でも、見渡せばものすごい絶景!
丁度、北アルプスの真ん中あたりを歩くことになるので、
立山連峰や頂上までは見えなかったけど剱岳や、槍ヶ岳などなど、
よく耳にする有名な山々が目の高さで見ることができました。

そして、見下ろせば眼下に黒部ダムが見えるのも高度感があって
しかも稜線一帯がお花畑なので歩いて飽きることはありませんでした。
(かなり疲れましたが。。。)

途中でトレランの皆さんにお会いして僕達が歩いたコースプラス爺ヶ岳を
日帰りでと聞いてびっくりしました。


(種池に今にも溶けちゃいそうな雪だるまが。。。)

今回一番きつかったのは、種池から扇沢までの下りでした。
疲労が溜まってきてる時間帯でひたすらの長い下りで、
僕達も、最初は飛ばしてましたが、途中から福井組には追いつけず、
終盤は足や太ももなどにもきてヘロヘロで下山しました。
でも通常2時間30分かかるところをあの荷物で1時間30分で下山できたのですから、
よく頑張ったことにしたいと思います。

あ、そういえばFukuzoのザックの荷物を福井組に少し持ってもらってたんだっけ。。。

下山後のお風呂も最高でしたし、その後、大町で食べた
むっしゅう」さんの洋食もうまかったな~。


(ミヤマクワガタ)

ほんとお天気も良くてお花もいっぱいで楽しい山行となりました。

マピオンの山天気では18時から雨となっていて
下山して洋食をいただいてる18時ぴったりに落雷やゲリラ豪雨となったのですが、
下山中にすれ違った皆さんは大丈夫だったのかな~。
その時刻だとなんとか小屋までたどり着いていたら良いのですが。

ちなみに、仮眠を時々とりながらの神戸への帰宅となり、
到着したときには2時30分で次の日の会社は眠いのと筋肉痛と
ブヨに噛まれた足が痒くて大変でした。


(今回の縦走では6つのピークを踏みました)

楽しかったね!
またよろしくで〜す!

(by Fukuzo&monaco)

★★★山行記録はヤマレコに★★★

クリックいただくとまた喜んで登っちゃいま~す。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

Written by:

2 Comments

  1. しばやん
    2012年8月2日
    Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです
    絶景やなぁ〜〜
    と感動のあまり書き込んでしまいました
    洋食の眺めもステキですね(笑)

  2. 2012年8月3日
    Reply

    SECRET: 0
    PASS:
    しばや〜〜ん!!
    ひさしぶり〜。元気か〜い。登ってるか〜い?
    ほんと素敵な山やったよ〜。
    いつかしばやんとも北アへ一緒に行きたいな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください