0

観光旅行2日目(夢乃井〜姫路城)

ちょっとブログの更新が遅くなってしまったけど、旅行2日目の続き。


よく飲んで食べて少し2日酔いだったけど、とってもいい感じの露天風呂に入って朝風呂を満喫してから、

楽しみにしていた朝食バイキングを食べにいきました。
旅館(夢乃井)のレストランから眺めたこの田園風景がとってもいい雰囲気でした。
 

いつも旅館や民宿の朝ご飯は、どこに行ってもなぜかテンションが上がります。

こちらの朝食バイキングは和洋中の料理が食べれてどれを食べても美味しかった。
なので恐ろしいくらいの食欲がわいてきてこの日もこれでもかってほど爆食してしまったFukuzo。。。

 

 

朝食を終えて、少しだけ宿に戻ってこれまた至福の二度寝をしてからチェックアウト。

それから車で移動して姫路城へ観光しに行きました。

 

 

 



姫路城周辺に駐車して姫路城に向かう前に「姫路城西御屋敷跡庭園 好古園」を見に行くことに。

 


こちらの紅葉は最盛期で最高の見頃となっていました。

 

 


ほんと予想以上にいろんな庭園があって、見所満載でちょいと迷路のようでした。

でもめちゃくちゃ綺麗な庭園だったので、紅葉の次期ではなくても姫路城とぜひセットで訪れてみてほしいです。
たしか、セット割引券を購入したはず。

 

 


そして、一面が落葉で真っ黄色になった広場を歩いて「姫路城大天守閣修理見学施設 天空の白鷺」へ。 



ご存知のように姫路城は「平成の保存修理」中で、外からお城の外観は見えませんが、

このようにスッポリと覆われた姿を見る機会も無いのでちょっと得した気分。

鉄砲狭間ってなんで○・△・□なんだろ?
何か意味があるのかそれともデザイン?

歴代の姫路城の鯱鉾。
なんだか現代に近づくほど作りが工業製品ぽくて鱗の細工も江戸時代のほうが細かく感じた。

こんなにライトアップされた鎧甲がいっぱい。
かっちょいいけど、ちょっと恐ろしい。

 

エレベーターで天守閣付近の8階まで一気に上がって、そこから屋根修理中の天守閣や鯱鉾を間近に見れるのもこの工期間中でないと見れません。 


外人観光客さんも日本の職人技を熱心に食い入るように見てました。

ほんとに、なかなか間近で見るとスゴイ迫力。

昔の人はよくこんな高いとこでこんな立派な建築物をよく建てたな〜と感心。


なんかmonacoが気になるもん発見したようなので見に行ってみると。
どうやらこの鬼瓦の彫り物が気になるよう。
うん、たしかに気になる。。。ゆるキャラ?
なんか可愛い。

 

そして、海抜100メートル付近の見学スペースからの大パノラマもちょっと寒空でしたけどキレイでした。

お殿様もこんな眺めをいつも見れたらさぞかし気分がええやろな〜と思いつつ、

もしかしたらここから敵が攻めてくることにヒヤヒヤしながら眺めてたのかな〜なんてこともおもいつつ。。。


そういえば、こんな切ないお殿様
が寂しそうにひとりで歩いとったな〜とおもいつつ。。。(笑)

 


この撮影したコンデジのフィルターで撮ったらほんまにオモチャみたいに撮れた。

その後、神戸までもどって六甲山の鉢巻展望台へ夜景を見に行ったら雪が降ってた。
おそらくこの日が六甲山の初雪だったんじゃないかな〜。

晩秋と冬の境にいるような日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。